記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

【円高】

  • 内需関連株は株高↑
  • 輸出関連株は株安↓

【円安】

  • 内需関連株は株安↓
  • 輸出関連株は株高↑

いろいろ難しい事は抜きにして、まずは上の基本を覚えておくと、日々のチェック銘柄も増えるかと思います。

 円安で輸出関連株が株高の理由は?
 売り上げ増につながります

円安ということは=ドル高ということになります。それはつまり、輸出関連企業であれば

  • 国際競争力のUP
  • 売上高UP

につながり、プラス材料になると言われます。他国の安い製品の脅威にさらされる危険が減り、ドル建てであれば(輸出業者の多くがドル建てで輸出してます)円換算の手取りが増加することになります。

円高で輸出関連株が株安の理由は?
 売り上げ減につながります
 円高で内需関連株が株高の理由は?
 仕入れなど、材料費のコスト削減につながります

円高ということは=ドル安ということになります。それはつまり、内需関連企業であれば

  • 材料を安く仕入れられる=コスト削減で利益率UP

につながり、プラス材料になると言われます。材料を輸入に頼っているような企業なら、同じものの仕入れであっても、円高のため同金額であればより多く仕入れる事も可能です。

 円高の影響を受けない
  • 円高の影響を受けない国内での売り上げがほとんどを占める企業に注目が集まる。

円高の影響を受けにくい銘柄として物色されるケースも。

円安で内需関連株が株安の理由は?
 材料費のコスト増で利益圧迫
材料費のコストがかさみ、仕入れなどの費用が増加して利益を圧迫することになるため、マイナス材料と言われます。
円安が好材料に働く業種は?
 売り上げの輸出割合の大きい業種
  • 自動車株
  • 電気・電子関連
  • ハイテク株
 円高が好材料に働く業種は?
 材料を輸入しているような業種・円高の影響を受けにくい業種
  • 電力・ガス
  • 紙・パルプ産業
  • 食品
  • 建設
  • 不動産

最低限これらだけでも覚えておいて損はありません。

■投資顧問会社とは?

投資一任業者として内閣総理大臣への登録と許可が必要。なお、一任勘定による運用は行わず、投資 情報提供だけを業務とする会社でも投資顧問を名乗る例もある。この場合は、内閣総理大臣への登録だけで業を営むことが可能である。投資顧問会社は個々に特 徴を持っており、ヘッジファンドのようにハイリスク・ハイリターン投資を得意とする会社もあれば、年金運用のようなリスク限定の長期運用を行う会社もあ る。まずは様々な投資顧問会社の口コミをチェックしてみよう↓

■各投資顧問サイト口コミはコチラをクリック

 

■仕手・短期急騰銘柄情報とは?

仕 手株とは、仕手が利益を得るために利用する、投機的な取引の対象となりやすい株式のこと。主に、株価の安い低位株で、空売りが可能で発行株数が少なく、浮 動株比率が低い銘柄がターゲットになる事が多い。仕手筋は優良企業ではなく、むしろ「賛否両論があるような銘柄」を、仕手戦を始める前にひっそりと買い集 める。 または、逆に空売りができない信用銘柄を仕掛け、一方的に上げていく手法もある。この場合、空売りができない為、現物の買いに信用の買いが加わり、上昇に 加速がつき一気に上げていく。上がるから買う、買うから上がる…という連鎖になる………

極秘仕手株情報はコチラをクリック

 

■極秘メールマガジンも発行中!今会員様募集中ですので是非この機会に!

最新メールマガジンはコチラをクリック

 

■お薦め仕手株などはコチラ!

お薦め仕手情報配信

 

■無料銘柄相談の出来る投資顧問会社はコチラ!

無料銘柄相談の出来る投資顧問はコチラをクリック

 

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る