記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞でノーベル医学生理学賞を受賞したことを手掛かりに、関連銘柄を買う動きが活発化。タカラバイオ<4974>(東マ)がストップ高買い気配のまま値つかずとなり、DNAチップ研究所<2397>(東マ)は5000円ストップ高の20.8%高。医学生物学研究所<4557>(JQS)は朝方ストップ高の後も堅調で26.8%高。

 三菱地所<8802>(東1)が2.7%高となり高値を更新、住友不動産<8830>(東1)も1.9%高で高値を更新。日経平均が冴えない中、月末に予定される日銀の金融政策会合に早くも期待感。

 東証1部の値上がり率1位はキトー<6409>(東1)の7.0%高となり、日系メーカーのアジア地域での生産拠点分散傾向は追い風との見方で7.0%高、2位は電算システム<3630>(東1)の5.2%高となり米グーグル関連の国際的な収納代行事業の拡大が言われて高値更新の5.2%高、3位はブイ・テクノロジー<7717>(東1)の4.8%高となり「アイフォーン」を受託生産する台湾企業の中国工場での暴動を受けスマートフォン用の液晶露光装置などに思惑と急反発。

 テクノメディカ<6678>(東1)は採血・検体検査装置がiPS細胞に関連との思惑で高値更新の4.5%高、わらべや日洋<2918>(東1)は前週末に発表の増額修正を好感し高値更新の4.0%高となった。

極秘仕手株情報はコチラをクリック

■極秘メールマガジンも発行中!今会員様募集中ですので是非この機会に!

最新メールマガジンはコチラをクリック

■お薦め仕手株などはコチラ!

お薦め仕手情報配信

■無料銘柄相談の出来る投資顧問会社はコチラ!

無料銘柄相談の出来る投資顧問はコチラをクリック

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る