記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

創薬ベンチャーのアンジェス MG<4563>(東マ)は12日、第2四半期(4~6月)に発売を開始したオリジナル化粧品「ReBeage(リビエージュ)」に11月から3商品を追加すると発表した。同シリーズは、皮膚の自己再生力に着目した植物療法(フィトテラピー)などに基づくエイジングケア製品。

 同社は、遺伝子医薬品の研究開発などで知られ、第2四半期累計期間(1~6月)の業績は、連結売上高が前年同期の約2.3倍の2.9億円、ただ、研究開発費は7.4億円あり、純利益は8.9億円の赤字。化粧品は製品売上高に計上し、連結決算で製品売上高600万円が発生した。

 株価は、山中伸弥・京大教授のノーベル医学生理学賞の受賞を契機に、iPS細胞(人工多能性幹細胞)・再生医療関連銘柄のひとつとして注目され、関連銘柄が一斉高となった10月9日には一時約10%高の7万1200円(6300円高)まで上げた。ただ、同社は、大阪大学の研究成果を基に発足したバイオ製薬会社のためか、その後は株高人気が続かず、週末12日の終値は6万3200円(1000円安)だった。

■関連銘柄は物色の裾野拡大も

 株式市場で山中京大教授のノーベル賞とiPS細胞・再生医療に関連すると注目されている銘柄は、テラ<2191>(JQS)、コスモ・バイオ<3386>(JQS)、カイノス<4556>(JQS)、医学生物研究所<4557>(JQS)、免疫生物研究所<4570>(JQG)、プレシジョン・システム・サイエンス<7707>(JQS)、セルシード<7776>(JQG)、メディネット<2370>(東マ)、DNAチップ研究所<2397>(東マ)、そーせいグループ<4565>(東マ)、タカラバイオ<4974>(東マ)、など。

 「本命株」が次第に絞られる相場の中で、主役が「連騰疲れ」を起こすと脇役が急伸したり、物色の裾野が広がったりする交互物色がしばらく続きそうだ。

極秘仕手株情報はコチラをクリック

■極秘メールマガジンも発行中!今会員様募集中ですので是非この機会に!

最新メールマガジンはコチラをクリック

■お薦め仕手株などはコチラ!

お薦め仕手情報配信

■無料銘柄相談の出来る投資顧問会社はコチラ!

無料銘柄相談の出来る投資顧問はコチラをクリック

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る