記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

19日後場の東京株式市場は、全般堅調で、日経平均は終値で9月25日以来の9000円台を回復。円相場が対ドル、ユーロとも円安基調のまま安定したほか、ゴールドマン・サックス証券のレポートなどを機に日中冷却の影響は限定的との見方が広がり、コマツ<6301>(東1)が一段ジリ高。自動車株も堅調。NEC<6701>(東1)が前引け後に増額修正を発表し活況高。触発されたように日立製作所<6501>(東1)と東芝<6502>(東1)も13時過ぎから上値を指向。「iPS細胞」「再生医療」関連株はDNAチップ研究所<2397>(東マ)が続伸したものの総じて一服模様。東証1部の値上がり銘柄数は991(約59%)。

 日経平均は5日続伸。後場は14時前から断続的に9000円に乗りはじめ、終値は9002円68銭(19円82銭高)。終値での9000円台は9月25日以来。

 東証1部の出来高概算は17億5927万株、売買代金は1兆393億円。1部上場1681銘柄のうち、値上がり銘柄数は991(前引けは586)銘柄、値下がり銘柄数は519(前引けは836)銘柄。

 また、東証33業種別指数は18業種(前引けは12業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、電力・ガス、機械、ゴム製品、電気機器、輸送用機器、パルプ・紙、保険、証券・商品先物、化学、など。
 一方、値下がり率上位の業種は、その他製品、その他金融、海運、食料品、鉄鋼、金属製品、ガラス・土石、鉱業、倉庫・運輸、情報・通信、などだった。

極秘仕手株情報はコチラをクリック

■極秘メールマガジンも発行中!今会員様募集中ですので是非この機会に!

最新メールマガジンはコチラをクリック

■お薦め仕手株などはコチラ!

お薦め仕手情報配信

■無料銘柄相談の出来る投資顧問会社はコチラ!

無料銘柄相談の出来る投資顧問はコチラをクリック

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る