記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

22日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ渋り。寄り付き直後に前週末比130円超下落する場面があったが、現在は同90円安の8900円台前半で推移している。米株安などを受けた売り一巡後は自動車株などに値ごろ感からの買いも入っている。

 日経平均は8800円台後半に集まる25日移動平均、75日平均をおおむね上回って推移していることで「強気な投資家の先物買いなども入っている」(国内証券顧問)という。

 東証株価指数(TOPIX)も反落している。

 10時現在の東証1部の売買代金は概算で2311億円、売買高は同4億0588万株。下落銘柄数は全体の78%の1294、上昇銘柄数は239、横ばいは114だった。

 週末に今期連結純利益予想を下方修正したアマダが大幅安。三菱商、日電硝、SMC、郵船も安い。ソフトバンク、ファナック、トヨタ、キヤノンが売られている。半面、液晶パネルでヒューレット・パッカードなどに長期供給する交渉に入ったと報じられたシャープが大幅高。今期配当予想を引き上げたOLCが年初来高値を更新した。京成、ツクイも高い。ディーエヌエ、関西電が買われている。

 東証2部株価指数は6営業日ぶりに反落。ソディック、レーザーテク、CDSが売られ、日本インター、イー・ギャラ、マーベラスが買われている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

極秘仕手株情報はコチラをクリック

■極秘メールマガジンも発行中!今会員様募集中ですので是非この機会に!

最新メールマガジンはコチラをクリック

■お薦め仕手株などはコチラ!

お薦め仕手情報配信

■無料銘柄相談の出来る投資顧問会社はコチラ!

無料銘柄相談の出来る投資顧問はコチラをクリック

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る