記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

(コード1914)大幅に反発。午前中の取引で一時前週末比71円(27%)高の334円と、3月21日(340円)以来約7カ月ぶり高値を付けた。後場も高い。現時点での売買高は200万株強と前週末の2万5600株を大きく上回り、日通しでは1月19日(401万株)に次ぐ水準となっている。29日付の日本経済新聞朝刊で「国交省、大規模建物に耐震診断を義務化」と伝わった。耐震関連の需要が増えるとの思惑が先行し、買いが膨らんだ。

 市場では「前週末から建設関連銘柄の一角に買いが入っていた。国交省は2013年度予算の概算要求でも防災・減災に注力する姿勢を見せており、防災対策関連の報道に期待が高まりやすくなっている」(いちよし証券の大塚俊一投資情報部長)という。

 減災対策の立案を支援する構造計画(JQ、4748)は前場に前週末比150円(20%)高の899円と制限値幅の上限(ストップ高水準)に急騰した。耐震補強工事を手掛ける矢作建(1870)は前場に一時24円(7.2%)高い357円と、8月28日(368円)以来約2カ月ぶり高値を付けた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

本日の仕手筋介入銘柄を見る

■極秘メールマガジンも発行中!今会員様募集中ですので是非この機会に!

最新メールマガジンはコチラをクリック

■お薦め仕手株などはコチラ!

お薦め仕手情報配信

■無料銘柄相談の出来る投資顧問会社はコチラ!

無料銘柄相談の出来る投資顧問はコチラをクリック

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る