記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

モバイル端末向けコンテンツの日本エンタープライズ<4829>(東2)に注目したい。株価は安値圏でのボックス展開から上放れ、トレンド好転の構えを見せている。今期好業績見通しに加えて、電子書籍関連のテーマ性も支援材料だろう。

 9月28日に今期(13年5月期)第1四半期(6~8月期)連結業績を発表した。売上高は前年同期比43.0%増、営業利益は同32.8%増、経常利益は同27.2%増、純利益は同7.6%増の増収増益だった。モバイル端末向けに「エンタメ系」「情報系」などのコンテンツを配信するコンテンツサービス事業、企業向けに携帯電話を活用したプロモーションなどを提供するソリューション事業を展開しており、いずれもスマートフォン対応の強化などで大幅増収だった。

 通期については前回予想を据え置き、売上高が前期比28.6%増、営業利益が同6.8%増、経常利益が同5.3%増、純利益が同17.6%増の増収増益見込みとしている。ATIS(交通情報サービス)の通期寄与に加えて、コンテンツサービス事業では第2四半期(9~11月期)にソーシャルゲームの配信を開始し、ソリューション事業ではアフィリエイト広告、中国では電子コミック配信が拡大する模様だ。通期会社予想に対する第1四半期の進捗率は売上高が25.1%、営業利益が28.3%、経常利益が27.5%、純利益が21.5%であり、概ね順調な水準だろう。

 株価の動きを見ると、7月下旬以降は概ね8400円~9100円近辺でのボックス展開だったが、10月26日に前日終値比700円(7.98%)高の9480円まで上昇する場面があり、ボックスレンジ上限を突破した。29日の終値9210円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS530円50銭で算出)は17~18倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間150円で算出)は1%台後半、実績PBR(前期実績の連結BPS8132円79銭で算出)は1.1倍近辺の水準である。

 日足チャートで見ると、10月12日のレンジ下限8400円から反発し、7月下旬から続いたボックスレンジを一気に上放れた。また週足チャートで見ても、26週移動平均線を回復してトレンド好転の構えを見せている。今期好業績見通しや電子書籍関連のテーマ性が支援材料であり、1万円台回復から出直り本格化が期待されそうだ。

極秘仕手株情報はコチラをクリック

■極秘メールマガジンも発行中!今会員様募集中ですので是非この機会に!

最新メールマガジンはコチラをクリック

■お薦め仕手株などはコチラ!

お薦め仕手情報配信

■無料銘柄相談の出来る投資顧問会社はコチラ!

無料銘柄相談の出来る投資顧問はコチラをクリック

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る