記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

■味の素との共同展開も期待要因

ラクオリア創薬<4579>(JQS)は16日の大引け後、胃食道逆流症(GERD)治療薬として審査中だったアシッドポンプ拮抗薬の物質特許(出願番号2009-528807)が、このほど日本で特許査定を受けたと発表した。アシッドポンプ拮抗薬は、同社が創出した新薬で、すでに欧州、韓国、中国を含め10ヵ国以上で当該物質特許権を有しており、このたび、日本でも知的財産権が強化される事となった。

 最新の中期計画(11月9日発表)では、売上高に相当する事業収益を今期・2012年12月期の1.0億円の見込みから14年度は12.2億円とし、営業損益は今期の27.5億円の赤字見込みから14年度には7.7億円の赤字の見込みとするなど、大幅な赤字縮小の計画。

 週末16日の株価終値は311円(2円高)。10月末に味の素<2802>(東1)と共同研究契約を結んだと発表したことを契機に、250円前後から一気に509円まで急騰。その後は300円台に戻っている。同社の発表には材料性のあるケースが多いため、下値を拾っておくと意外な急騰に遭遇できるかもしれない銘柄だ。

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る