記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

ブログランキング上位目指して邁進中です。
上位に行けば行く程「銘柄配信」が捗りますので何卒宜しくお願いします!

応援クリックお願いします⇒

応援クリックお願いします⇒
にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
応援クリックお願いします⇒
株式投資


3月第3週(18-22日)の週末3月29日の相場は、表面的には61円高となったが、グッドフライデー休暇を前に外国人の売買が細り閑散相場に終始、改めて今の相場が外国人投資家主導で動いていることを印象付けた。その外国人投資家は3月第3週に19週ぶりに918億円の売り越しに転じた。これが日経平均が3月21日高値1万2650円でピークを打ち、調整に入っている要因だろう。

外国人買いを誘発している為替相場も、3月12日の96円71銭をピークに調整機運を強めている。いよいよ黒田総裁率いる新生日銀がスタートする。4月3、4日の日銀金融政策決定会合では国債の大量購入、株価指数連動型上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(J-REIT)などリスク資産の購入が打ち出される模様。

いったん材料出尽くしによる円買いが進む可能性も考えられるが、これまで円安は押し目を作らず動いてきた。だから、ぼつぼつ円安は一服局面との見方もあるが、押し目のない円安は先駆した投資家の利食い売りを吸収する勢力が存在することを示している。大勢的な円安のトレンドが崩れるとは考えにくい。

4月1日の日銀短観では改善が示される見通しにある。3月27日の配当落ち日は約」90円の落ち分が、即日埋めとなった。即日埋めはその年の相場が上昇することを示している。基本的な強さを持続しながら、4月第1週は利食い売りを吸収しつつ、次の展開を期待した底堅い動きが続きそう。

■無料メルマガ会員様にのみ配信する銘柄有り!!無料メルマガ登録はコチラへ参加お申込はコチラ↓

メールアドレス (必須)

 

※現在無料のメールマガジンですが今後有料となる可能性が御座います。今のうちに登録されております会員様には無料のまま配信させて頂きますのでお早めのメールマガジン登録をお薦め致します。フリーアドレスでも「可」アドレスを送信するだけで登録可能です。

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る