記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

ブログランキング上位目指して邁進中です。
上位に行けば行く程「銘柄配信」が捗りますので何卒宜しくお願いします!

応援クリックお願いします⇒
株式投資ブログランキング
応援クリックお願いします⇒

応援クリックお願いします⇒
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


23日前場の東京市場は小幅続伸。買い優勢で寄り付いたが上値が重く、上げ幅を縮小して前場の取引を終えた。業種別では、非鉄金属、その他金融業、情報・通信業が値上がり率上位。一方で、陸運業、化学、電気機器が値下がり率上位となった。東証1部の売買代金上位は、ソフトバンク、トヨタ、熊谷組、日本電産、ケネディクスなど。

他には黒猫のウィズが1000万ダウンロード達成で【3668】コロプラが再度3000円回復。【3623】ビリングシステム信用取引規制が解除で大幅高となったほか、電子書籍関連パピレスがストップ高で【3658】イーブックなども高い。

米国株式市場の上昇を受けて、朝方の東京市場は強含み。日経平均は14700円台で底堅い値動きとなった。東証1部の値上がり銘柄数は964、値下がり銘柄数は586となっており、買いが優勢。規模別株価指数はすべて上昇した。熊谷組、日本電産、ソフトバンクが高く、OLC、ファナック、日東電工が安い。9月の米雇用統計の低調な結果を受けて、米量的金融緩和策が当面継続されるとの見方が広がった。余剰資金が株式相場の上昇を支えるとの期待で買われた米国株の流れを受け継ぎ、国内市場は買いが先行。一方で、ドル円相場が円高・ドル安基調に傾いたことから上値買いには慎重姿勢となり、一巡後は戻り待ちの売りに押された。日経平均は14800円を前に失速し、一時は前日比マイナスに転じる場面があった。後場も高値警戒感による売りに上値を阻まれる可能性が高い。14700円近辺で方向感を探る展開が予想される。

 

■無料メルマガ会員様にのみ配信する銘柄有り!!無料メルマガ登録はコチラへ参加お申込はコチラ↓

メールアドレス (必須)

 

※現在無料のメールマガジンですが今後有料となる可能性が御座います。今のうちに登録されております会員様には無料のまま配信させて頂きますのでお早めのメールマガジン登録をお薦め致します。フリーアドレスでも「可」アドレスを送信するだけで登録可能です。

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る