記事の詳細

今話題の投資情報サイト

最近、情報を集める為に情報サイトを徘徊していると目に入ってくるのがこの投資顧問。

評判がいいので無料情報だけでももらっておこうと思って登録しました。

無料銘柄だけでもかなりの数があって、しっかりと見通しも記されています。これは登録しておく価値ありですね。騰がっている銘柄も多いから情報は本物でしょう。

>>ココの無料情報を最近を良く参考にしています。

ブログランキング上位目指して邁進中です。
上位に行けば行く程「銘柄配信」が捗りますので何卒宜しくお願いします!

応援クリックお願いします⇒
株式投資ブログランキング
応援クリックお願いします⇒

応援クリックお願いします⇒
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


2/4付けのシカゴIMM、投機・投資家筋のポジションで円の売り持ち高は前週から一段と減少。引き続き昨年11月初旬以来の低水準を更新した。ユーロの買い持ち高は昨年8月初旬以来で最低となった。

■来週のポイント

14年度に入り12月、1月の雇用統計などを筆頭に米国の経済指標が予想を下振れたことや新興国の混乱を受けて、米連邦公開市場委員会(FOMC)の金融政策に注目が集まっている。このため、次回3月会合からFOMCを率いるイエレン新FRB議長の11、13日に予定されている米議会上下両院での金融政策に関する議長として初めての証言に焦点が集まる。また、新興国への懸念がくすぶるなか、新興国経済に影響を与える中国の経済指標にも注目される。

●米国

■11日

プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁(経済見通し)、ラッカー米リッチモンド地区連銀総裁(金融安定)、フィッシャー米ダラス連銀総裁(経済見通し)

■11、13日

イエレンFRB議長、米議会上下両院で証言(金融政策)

■12日

ブラード米セントルイス連銀総裁(金融政策

)FOMCメンバーからはQE縮小のペースを変更する必要性を訴える発言は全く聞こえてこない。メンバーは引き続き14年の米国経済の成長ペースが加速するとの強気の見方を崩していない。雇用者数が予想を下回った1月の雇用統計後、14年度のFOMCのメンバーであるフィッシャー米ダラス連銀総裁はインタビューで「ひとつの指標でFOMCの決定が揺らぐことはない」と発言。タカ派メンバーはQE縮小ペースを加速させる必要性も指摘している、プロッサー米フィラデルフィア地区連銀総裁は「14年の前半にもQEを終了すべき」との考えを表明した。14年のメンバーではないがハト派として知られるエバンス・シカゴ連銀総裁でさえ「新興諸国はFRBによるQE縮小に順応する必要がある」と主張。

1月の雇用統計における雇用者数は12月に続き予想を下回るペースの増加にとどまった。しかし、労働参加率が上昇し不完全雇用率が低下する中で、失業率が5年ぶりの低水準となったことは「正当な失業率の低下」と見なされた。特に雇用を重視しているイエレン新議長にとっては朗報となる。イエレン新議長が率いるFOMCとして始めての3月会合で「各会合100億ドル規模のQEを縮小させる計画」が覆される可能性は非常に少ないと考えられる。ただ、1月の失業率が6.6%と、FOMCがフォワードガイダンスで利上げに転じる目安として掲げている規準の6.5%手前まで低下したため、FOMCでフォワードガイダンスが変更される可能性が指摘されている。

■無料メルマガ会員様にのみ配信する銘柄有り!!無料メルマガ登録はコチラへ参加お申込はコチラ↓

メールアドレス (必須)

 

※現在無料のメールマガジンですが今後有料となる可能性が御座います。今のうちに登録されております会員様には無料のまま配信させて頂きますのでお早めのメールマガジン登録をお薦め致します。フリーアドレスでも「可」アドレスを送信するだけで登録可能です。

関連記事

■投資顧問サイト口コミ一覧

ページ上部へ戻る